ネット上に構える

都会

企業を設立する場合、その初期費用を抑えたいという場合がある。その為の方法として、バーチャルオフィスがある。バーチャルオフィスとは、事業を開始する際に最低限必要となる住所や電話番号などをレンタルするサービスとなる。 バーチャルオフィスでは、住所などを借りるのみである為、勤務スペースなどの場所は無いというものになる。 住所のみをレンタルするような形式となるため、外部からの郵送物などはその住所に届けられることになる。 通常、企業を設立する場合には、事務所を設置しそこで従業員を勤務させることが一般的である。しかし、個人企業やIT関連の企業など、事務所を設置しなくても活動を行える企業などにおいては、バーチャルオフィスの活用により、コストを大幅に抑えて起業できる。

バーチャルオフィスは、そのニーズの高まりにより、最近では様々な業者がそのサービスを提供している。 これらのサービスの中では、都心の一等地などをバーチャルオフィスの住所とするサービスなどもある。業者を利用する個人や企業にとっては、その企業の場所がどこにあるかで、企業の信頼性や規模などを想像するケースがある。 そのような場合に、都心の一等地に事務所住所がある場合には、比較的規模の大きい会社と推測することがある。その為、それらの心理を利用し、都心の一等地をバーチャルオフィスの住所として提供するサービスがある。 また、バーチャルオフィスでは、事務所としてのスペースは無いため、維持費が低コストで済むため、それらを売りとして提供する業者が一般的になっている。